海外で指導者を目指すサッカー小僧のつぶやき。

海外で指導者を目指すサッカー小僧のつぶやき。

海外サッカーや日本代表などについて思うままに書いてみるブログです。 Twitterもやっています。→@footboy_ynwa

カンプノウの悲劇を巻き起こしたウナイ・エメリのミス

f:id:ynwa-football:20170317223956j:plain

UEFAチャンピオンズリーグのベスト16の試合、バルセロナ vs PSGの2ndレグが先日行われた。

1stレグは、パリの前からのプレスにバルサの陣形が崩れ、90分ゴールのネットを揺らすことはなく結果4-0というスコアでパリが勝利した。

4-0というスコアをひっくり返すことは相当な奇跡が起こらなければベスト8への進出は難しい。バルセロナのファンは1stレグの結果をみて、チケットを手放す人が後を絶たなかったくらいほどである。

その中、始まった2ndレグ。

1stレグはカバーニバルサのCBピケとウンティティへの2人へのプレスでバルサはビルドアップに苦しみ、更にパリのマテュイディヴェラッティ、ラビオの中盤3枚にバイタルエリア前のスペースを完全に消され、チャンスを中々作ることが出来なかった。

 

そんな内容を見て、エンリケ監督は4-3-3から3-4-3に変更。この意図を個人的に推測すると、カバーニのプレスをバックが3枚いることによって、追っかけさせる幅を増やして、ビルドアップの余裕を持つことが出来るように変え、更にカバーニの体力を前回よりも早く消耗させることが出来るこの布陣にしたように感じる。【パリも4点を守り切ろうと最初から守りに入りすぎていたことは勿論】

パリは 4-3-3で1stレグと同じ。

3-4-3にしたことによって、左サイドにイニエスタネイマールが、右サイドにラキティッチラフィーニャと中央ではなくサイドに機転を作り、ポゼッションを取れるようにしたため、パリの中盤3枚は戸惑い、2枚サイドに出てしまったり逆に誰も行かずサイドでボールを持たせてしまうなどまったく相手の戦術に対応できていなかった。

その結果がまず最初の5分以内に出てしまう。右サイドでラフィーニャがボールを自由に持ち、フリーでクロス。

中で準備できているはずのパリのDF陣は謎のバタバタ。(ここは単純なミス)

スアレスがこぼれ球を流し込み先制点。

ただ、まだ猶予はあと2点。同点まで3点。こっちがアウェーゴールを取ればほぼ勝ちが決まったようなのにエメリ監督は同じ戦術で続行。【思い切って前半で交代枠使ってもいいくらいだった】

【自分なら、ルーカスとカバーニを2トップにしてバック3枚を2枚で追っかけさせる。そしてラビオを削りディマリアを右に置く。】

前半は2-0。このまま行ったらパリきつくないか?という流れが続く中、後半変更なしスタート。【まじ?】

カバーニが中盤に吸収されているのでボールを取っても前に運ばず、更にバックラインでボールを奪っても中盤3枚が自分たちでスペースを消しあいパスの出しどころがなく結局前へ(ルーカス、カバーニ行ってこいサッカー。)そしてルーカスの疲労がたまり早めにディマリアと交代。と同じくらいにネイマールがPK獲得をしてメッシが冷静に決める。

3-0。あと1点で同点。ただパリの個人の能力カウンターでカバーニが1点返す。ここはさすがという感じ。【アウェーゴールを奪ったのでさすがにパリ勝ったかと、自分の中では少し落ち着いた。】

ネイマールへの対応が散々であった右サイドバックのムニエを交代。と思いきや、ドラクスラーと右サイドバック、オーリエを交代。

オーリエを右サイドバックに入れ、ムニエを前に出すという謎采配。【そのまんま取っ替えは分かるがなぜムニエをなぜピッチに置いておく必要がある?自分ならドラクスラーをそのままピッチにいさせてます。】

そして87分。残り試合まで長くて10分ないくらい。ディマリアの素晴らしいハードワークも最後は暴走になりネイマールを良い位置で引っ掛けてしまう。FK。

GKトラップが必死に壁を作るも壁の選手とお互いに意思疎通が微妙のまま笛がなってしまったので急いでポジションにつくもネイマールの素晴らしいFKでゴール。4-1。

カバーニが追っかけた後に中盤へのアプローチがもう間に合わなくなってきたパリ。中盤でフリーで神の子がボールを持ち前線へ華麗なロブパス。DFマルキーニョススアレスの顔付近に手をかけてしまいPK。【スアレスのもらい方がうまかった。笑】

落ち着いてネイマールがPKを沈める。5-1。

あと1点でバルサ大逆転。【さすがにないだろうけど、なんか決まりそう】

ロスタイム5分。ネイマールがFKのこぼれ球を前線に優しく浮いたスルーパスを出す。

パリのバックラインは誰1人、バルサの選手につけず、途中出場のセルジ・ロベルトがちょこんと触りゴール。6-1。

イスタンブールを彷彿とさせる【それ以上の可能性もある】素晴らしい大逆転劇でバルサが進出。

 

f:id:ynwa-football:20170318152719j:image

まとめ

1・エンリケの思い切ったシステム変更策にあっぱれ

2・相手のシステムを見てそのまま続行したエメリ

3・4点を守りきる。守り勝つサッカーをしてしまったパリ

4・パリの???の交代【クリホヴィアク出すの遅い】

5・チアゴシウバはもっと存在感出さないと

6・システムがなんだかんだあるけど、逆転へ素晴らしいパフォーマンスだったバルセロナ