海外で指導者を目指すサッカー小僧のつぶやき。

FOOTBALL OF TIGER

海外サッカー、日本代表などについて思ったこと書いています。Twitter→@madriiiiidista

色々見えた日本代表。"ハイチ戦 選手採点"

10月10日、日本はキリンカップでハイチと対戦した。スターティングメンバーはこの通り。 日本は序盤からポゼッション6割強を取りながらゴールに攻め込んで行きました。 開始20分足らずで倉田のヘッドと杉本のゴールで2-0。 ハイチもパスミスやロストが多く今…

イニエスタの後釜は本当にその人?バルセロナの方向性。

長年、バルセロナのサッカーを支えてきたイニエスタ。 彼も30代半ばに差し掛かり、衰えが見えてきた。バルセロナとしては、そろそろ彼の後釜の補強に本腰を入れたいところ。 そこで最近噂になっているのは、トッテナムに所属する、デレ・アリ。 彼はすらっと…

"NZ戦から見えた長谷部の欠けた中盤構成"

6日、日本はキリンカップでニュージーランドど戦い、2-1で勝利しました。 序盤から攻め込むも、得点が取れず先制したのは結局後半5分に大迫のPK。 その後ウッドのヘッドで同点に追いつかれるも、倉田の勝ち越し弾でなんとか勝利。 そんな中で感じたある点に…

ザックが呈した日本代表の"マリーシアの欠如"

ザッケローニ元日本代表監督が、こう言っている。 「日本はアジアで1位のチーム。素晴らしい技術と持久力を持っている。しかし、世界No.1のチームではない。なぜならフィジカルとマリーシア(ずる賢さ)で劣るからである。」 もうそろそろ、自国の選手を過小評…

"サウサンプトンの攻撃力の向上への道"

サウサンプトンは、今季が始まってからも7試合4得点と相変わらずの得点力不足が続いている。なぜ得点に結びつけることが出来ないのか、今季も85本のシュートを打ち枠内シュートは19本。 しかし、守備はクリーンシート3試合、いまだ5失点と堅守ぶりは発揮して…

第6節 Leicester vs Liverpool 評価

ミッドウィークに対戦した両チームは週末もプレミアリーグで対戦。 舞台は、レスターのホームスタジアム、キングパワースタジアム。 結果は2-3でリバプールの辛勝。 Leicester Schmeichel 6 全体的にノーマルなパフォーマンスも、彼からのフィードは際立って…

"5-3-2と機動力の相性" 成功したコンテとの比較

現代サッカーにおいて、5-3-2、または3-4-3のようなシステムが主流になってきている。 キーパーの前に3人のCBを置き、その両サイドの前の位置にウイングバックを設置する。 昨季、コンテ監督がチェルシーでそのシステムを用いてプレミアリーグで優勝した。 …

ダブルシンジで74得点! 香川、ブンデス37得点で岡崎の記録に並ぶ!

先日のハンブルク戦で香川は久しぶりの先発出場。 24分に香川がゴール前でこぼれ球を詰め、今季初ゴール。香川のゴールもあり、ドルトムントは3-0でハンブルクに快勝。 今回のゴールで香川はブンデス通算37得点を記録。日本人では現レスターの岡崎がブンデス…

「育てきれない日本の課題 " ヤングスターの輩出 "」

昨日、天皇杯での1戦で川崎フロンターレ所属の森本貴幸が人生初のハットトリックを決めました。この選手はここにいるような選手ではないと内心思いながらも何らかの原因があると思っています。 若い頃から高いポテンシャルを持ち合わせた選手は日本にも豊富…

"今季のキーマン" 〜 Part 2 Premier League 〜

前回の記事に引き続き、今度は他のチームから。昨季7位のエバートン。 エバートンからは2人をピックアップ。 まず1人目は、降格したサンダーランドから約42億円で獲得した、GKのジョーダン・ピックフォード(23) 昨季、なかなか勝てなかったサンダーランドの…

岡崎1G1A!!! "ゲームチェンジャー岡崎" の今シーズン。

20日、カラバオ杯でレスター vs リバプールの試合が行われた。結果は2-0でレスター勝利。 後半8分から岡崎が途中投入され、一気に流れを掴む。そして66分、クリアボールをチルウェルが拾い、ゴール前にロブパスを送る。そのボールをモーガン、イボーラと上手…

"リズムを掴む上で不可欠な無難なプレー" の重要性

先日、小林祐希が所属するヘーレンフェーン vs PSVの試合を観て思ったことがあり、それをいくつか書いていきたいと思います。 ポゼッションはヘーレンフェーンのほうが多く、最終ラインから中盤を経由してアタッキングサードまで近づいて行く攻撃をしていて…

"今季のキーマン" 〜プレミア TOP 6〜 第5節終了時

プレミアリーグも5試合が終わり、それぞれのチームの特徴や調子が見えてきました。 そこで、今回は自分なりの今季のキーマンを上げていきたいと思います。今回はトップ6のチームから1人ずつ選出しています。 昨季1位のチェルシーから。今季は補強の出だしは…

"白熱のロンドンダービー"への戯言

お互いに、サンチェス、アザールとエース格をベンチに座らせながらのスタート。試合はチェルシーやや高めのポゼッションで進む展開。 ウィリアンや、セスクが楔でボールを受けてフリックでボールを味方に預けてアーセナルの3バックのコシエルニー、ムスタフ…

飼い殺し?お金にする? ママドゥ・サコの未来

16年のプレシーズンから干されているママドゥ・サコ。 遅刻や態度を指摘され、1年以上リバプールのトップチームで試合に出ていない。昨シーズンはクリスタルパレスに半期レンタルされた時には、実力を見せつけた。 リバプールとしては、チームの戦力として考…

プレミアリーグ 第1節 ワトフォード戦 リバプール 個人的評価

GK S.Mignoret 5 安定感に欠け、またいつものようにセットプレーから失点。試合や機関によってパフォーマンスが変わってしまうようなGKはなかなか安定という文字には辿り着けない。 RB T.Alexander Arnold 6.5 前半は、ペレイラの仕掛けやワトフォードの猛攻…

プレミアリーグ 第1節 印象に残った2試合

8月12日金曜日にイングランドプレミアリーグが開幕した。個人的な感想を述べていきたいと思います。 1番衝撃的な試合から。 チェルシー vs バーンリー。 ディフェンディングチャンピオンは昨季から、入れ替えは数カ所。アスピリクエタの場所にリュディガー。…

"指揮者不在"のアーセナル。「Wengelout」が最善なのか。

現在、プレミアリーグ6位に加え、先日CLでバイエルンに大敗。 ファンやサポーターの疑問の矛先はベンゲルに行くのは妥当である。サポーターの中でもWengel OUT派とWengel IN派で争っているほどである。ただ監督が代わったところで今の状況がいきなり変わると…

日本代表、W杯最終予選でタイに勝利! 評価・感想

28日、日本代表はタイに4-0で勝利! 香川真司、岡崎慎司のCL組ダブルShinjiがまず2点を取り、後半に久保裕也と吉田麻也が追加点。 得点シーンは全て素晴らしいものでした。 川島永嗣 7.5 幾度となくセーブを連発して大事なPKもストップ。クリーンシートで終…

W杯アジア最終予選 日本 vs UAE戦 評価・感想

W杯出場をかけた大一番。 アウェーでUAEとの一戦。 評価 GK 川島永嗣 7 GKとして最大のピンチをセーブ。 経験豊富なこの選手はピンチはありながらもクリーンシートで終える。西川との戦いもデッドヒート。今回で一歩リードなるか。ドヤ顔少し減少。 DF 森重…

現代サッカーにおける万能型MF。トップ下の廃化。

今のこの時代ではトップ下がほぼ存在しない。 むしろそこのスペースさえもFWやセンターハーフがカバーしてしまう、カバー出来てしまう、能力を持った選手が山のようにいる。 昔では、4-4-2のダイヤモンド型でドイツのバラックやアルゼンチンのリケルメなど真…

UEFAチャンピオンズリーグ ベスト8 対戦カード

ドルトムント vs ASモナコ アトレティコ vs レスター ユベントス vs バルセロナ バイエルン vs R・マドリード 勝ち抜け割合予想。 ドルトムント 58% モナコ 42% アトレティコ 55% レスター 45% ユベントス 47% バルセロナ 53% バイエルン51% R・マドリード 4…

セビージャ戦から見えるレスターの組織的守備

CLの2ndレグでレスター vs セビージャでの1戦。試合は2-0でレスターが勝利し、ベスト8に駒を進めた。 試合序盤から相手へのプレッシャー、こぼれ球へのアプローチの速さを怠らずセビージャの組み立てを完全制御していました。 その中でも一つ気になったシー…

フランス代表の非選出メンバーが豪華すぎる!?

25日、28日にW杯予選が行われるにあたって16日、フランス代表のメンバーが発表された。 GK ロリス コスティル アレオラ DF ウンティティ コシエルニー メンディー シディベ サニャ ラミ クルザワ キンペンベ MF バカヨコ ルマー トリッソ ラビオ マテュイデ…

『本田圭佑』枠を超える選手の欠如

今回、W杯アジア最終予選予選にあたって招集メンバーが16日に発表された。 GK 西川 川島 林 DF 吉田 森重 長友 酒井宏 酒井高 槙野 昌子 植田 MF 長谷部 山口 清武 香川 倉田 今野 高萩 FW 本田 大迫 久保 岡崎 浅野 宇佐美 まずは、話題になっている川島、…

カンプノウの悲劇を巻き起こしたウナイ・エメリのミス

UEFAチャンピオンズリーグのベスト16の試合、バルセロナ vs PSGの2ndレグが先日行われた。 1stレグは、パリの前からのプレスにバルサの陣形が崩れ、90分ゴールのネットを揺らすことはなく結果4-0というスコアでパリが勝利した。 4-0というスコアをひっくり返…